三重県津市で行政書士をしております。行政書士のことや阪神タイガースのことなど『まったり』書いています。よろしくです^^三重県津市美里町
平成18年度行政書士試験の実施について
2006年07月08日 (土) | 編集 |
今日は、財団法人行政書士試験センターに『平成18年度行政書士試験の実施について(平成18年7月7日公示)』が出されたことについての私のコメントを。

まずは商法について・・・
『商法については、平成18年4月1日現在施行されている法令に関して出題しますが、会社法(平成17年法律第86号)により実質的な改正が行われた部分については、原則出題しないものとします』
となっていますが、試験勉強としてはこの『商法』はかなり手ごわいですね。もしかすると今年だけは問題数が少ないのかもしれません。試験を受けるうえでどのような判断をするかですかね。(もし今年受験していたら商法は少し力を入れないで勉強しているかもしれません)

そして記述式について・・・
『記述式は、40字程度で記述するものを出題します。』
今までの記述式(H12年度以降)は、字数がバラバラな問題でしたが今年の試験は、40字程度と公表されました。問題数と配点がわからないのは怖いですが、この字数となると判例からの出題となるのかな?と思ってしまいました。
それと、例えば5問記述式問題があって5問とも40字程度書かなければならなかったら大変なことになりますね。
各予備校とかはどのように予想してるのでしょうか?
少なくとも今までの記述式対策の参考書や問題集では対応できない感じではないでしょうか。各予備校の記述式対策講座を受講する方が自分でやみくもに勉強するよりは効率が良いと思います。(但し、当たるかどうかはわかりません)

まとめ・・・
昨年までの試験時間が2時間30分でそれでも時間が足りない感じがあって、今年から3時間になるから少しは余裕があるのかな?とも思いましたが、「記述式での40時程度」これが何問出るかによって今までの試験以上にかなり時間的にもキツイ試験となりそうですね。正直言って、記述式での得点を目指すのではなく、択一式だけで合格点まで行くぐらいの勢いが必要かと思います。記述式は加算のつもり(おまけのつもり)が丁度いいのかもしれません。今年から科目数自体は減っているので集中して『択一で獲る』、これですね。そうなると、商法も疎かにできないですね・・・^^;

まだ決まっていないのですが、試験当日は試験官として会場に行きたいと考えています。




行政書士鈴木法務事務所』は、法人設立相続・遺言農地転用各種許認可に関するサポートがメイン業務です。
公式ホームページは → こちら へ


いつもご訪問ありがとうございます^^
あなたの清き1票(其の壱) → FC2ブログランキング へ
あなたの清き1票(其の弐) → 人気blogランキング へ
あなたの清き1票(其の参) → にほんブログ村 へ
■各1票ずつクリック頂けると励みになります^^
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキング ブログランキング
くつろぐ
 
相続
遺言
成年後見
パスポート
定款
許認可
調査
津市
SEO対策