三重県津市で行政書士をしております。行政書士のことや阪神タイガースのことなど『まったり』書いています。よろしくです^^三重県津市美里町
電子申請手続きの研修会
2006年11月24日 (金) | 編集 |
今日は、午後から『電子申請手続きの研修会』が開催され参加してきました。参加者は3-40名でしょうか。

内容は、
1)現在の電子申請手続の状況について
2)三重県の電子申請・届出システムから行政書士用電子証明書(1-G)を利用しての模擬申請、インターネット環境整備について
3)行政書士用電子証明書(1-G)を利用しての電子定款認証手続
でした。

私はこのブログや事務所HPでも紹介しておりますが、行政書士用電子証明書(1-G)をもう取得しております。

ですが、三重県の行政書士では10月末時点で18名しか取得していないみたいです。まだまだ少ないですね^^;


三重県の模擬申請をしたことがなかったので、さっそくにでも試してみようかと考えています。(あくまでも模擬ですが)


電子定款認証手続については、京都会の先生が講師となって教えていただきました。署名プラグインソフトを使った説明はわかりやすかったです。

三重県内の公証人は、電子認証ができる指定公証人がまだいません。
ということで、三重県内で株式会社をつくる場合は紙ベースの定款を作成した場合印紙税4万円が必要になります。
しかし、来年前半(3月以降らしいです)にも三重県内にも指定公証人となる方が出るらしいですので印紙税の4万円が不要となることになりそうです。

少し気になるのは、来年3月(かな?)からインターネットを使った電子定款認証が可能になるらしいとの事です。この場合の実務がどうなるかが気になっています。今使用しているソフトが不要になったりすると「もったいないなぁ」と思ったりしています。始まったからといってすぐに使えなくなるようなことにはならないかと思いますが。

電子定款作成作業についてはそう難しくないのですが、その場面場面において公証人や登記官との調整に手間が掛かりそうな予感がします^^;(紙ベースでの定款作成ですら「やや」手間が掛かりますので)

今日明日と言うことではありませんが、「電子申請手続きに伴う実務をどのように行うか(報酬面も含めて)」を考えないといけなくなりますね、近い将来。

ちなみに個人でも電子申請でできるかとは思いますが、個人申請するまでの準備(時間的)や手間(コスト面)を考えると行政書士用電子証明書を取得している行政書士に依頼する方が結果的には安価・安心だと思うのですが、これを一般の方に理解してもらうのはなかなか容易ではありませんね^^;

これについてどうするかは、ちょっと考えがありますが、企業秘密(企業ではありませんが^^;)と言うことで^^

県行政書士会関連では、来週、28日(火)午後に『自動車登録に関連する出張封印の説明会』に参加予定です。


行政書士鈴木法務事務所』は、法人設立相続・遺言農地法許可各種許認可に関するサポートがメイン業務です。
公式ホームページは → こちら へ


いつもご訪問ありがとうございます^^
あなたの清き1票(其の壱) → 人気blogランキング へ
あなたの清き1票(其の弐) → ブログランキング へ
あなたの清き1票(其の参) → くつろぐ へ
■各1票ずつクリック頂けると励みになります^^

この記事に関するコメントお待ちしております^^
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ印紙税について情報交換しませんか?
2006/12/03(Sun) 15:51:36 |  税金・節税対策の基礎知識
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキング ブログランキング
くつろぐ
 
相続
遺言
成年後見
パスポート
定款
許認可
調査
津市
SEO対策