三重県津市で行政書士をしております。行政書士のことや阪神タイガースのことなど『まったり』書いています。よろしくです^^三重県津市美里町
「行政書士が行なう成年後見の実務と手続」の研修会
2006年12月13日 (水) | 編集 |
・・・ということで、昨日の午後にこの研修を受けてきました。

そもそも成年後見制度ですが、認知症、知的障害、精神的疾病などにより、判断能力が十分ではない方の権利や財産を守り、支援する制度のことをいいます。

あくまでも『本人の為』に利用するのであり、親族の為に利用するものではありません。後見人は、親族にとっては財産侵略者となりうることは理解しておかなければなりません。


さて、研修の内容ですが、
①「行政書士が行なう成年後見の実務と手続」について
1)行政書士として成年後見制度にどのように関わるのか
2)相談にあたっての注意点
3)手続にあたっての注意点
4)成年後見制度概論
5)法定後見制度の基礎と実務
6)任意後見制度の基礎と実務
②三重県における成年後見サポートセンターの実情について
でした。

参加した感想としては、
「私の今年受けた研修の中でも一番良かった」と思いました。
久しぶりに、もっと時間があればよかったのにと思うぐらいでした。
また、成年後見制度を通じてみなさんのお役に立とうと考えていれば「弁護士」や「司法書士」でなくとも、私のように行政書士であっても十分お役に立てると言うことも改めて理解することができました。


成年後見には「法定」と「任意」がありますが、特に任意成年後見を使う場合は、あくまでも「契約(公正証書による)」ですので、弁護士であろうが、無職の人であろうが、行政書士であろうが結ぶことができます。
契約する個人が、『依頼者から信頼される人』であれば職業は問われません。個人の能力が問われることになると考えます。

また、法定後見人となる場合でも家庭裁判所の「審判」により選任されます。例えば、三重の行政書士有志で設立した「NPO法人三重成年後見サポートセンター」に入会し研修・単位取得すれば裁判所の名簿に登載され法定後見人に選任されることにも可能になります。

もし、成年後見について『やろう!』と考える人がいれば行政書士登録することも考えてみてはいかがでしょう?


平成12年に民法等が改正されてからの制度で、まだまだ一般の方に浸透しているわけではないのですが、高齢社会の我が国ではこれからこの制度を活用される方が多くなるだろうと思います。

私としても興味がある分野が、どのような形態で役割を果たして行けるのかを考え、事務所HPにアップしたいと考えています。


さて、研修後に同期の方と夕飯を食べたのですが、5時間弱「ずーっと」同じ店で食べながら話していましたが、さすがにこの時間は長かったです^^;

「あーでもない」「こーでもない」話だったのですが。

そんな中、業務について連携して行くということで話を多少なりしていまして、これについては近日中に事務所HP何らかの形で表示したいと考えています。


行政書士鈴木法務事務所』は、法人設立相続・遺言農地法許可各種許認可に関するサポートがメイン業務です。
公式ホームページは → こちら へ


いつもご訪問ありがとうございます^^
あなたの清き1票(其の壱) → 人気blogランキング へ
あなたの清き1票(其の弐) → ブログランキング へ
あなたの清き1票(其の参) → くつろぐ へ
■各1票ずつクリック頂けると励みになります^^

この記事に関するコメントお待ちしております^^
コメント
この記事へのコメント
ごぶさたしています(^^)
<親族にとっては財産侵略者となりうること…
の部分を読んだとき、

相続が期待される子供の大部分が
親の介護を積極に行うという
衝撃なアンケート結果が、
インターネット上で出ているのを、
思い出しました。

何て冷たい世の中になったんだと思いました…
(泣)
2006/12/15(Fri) 20:34 | URL  | 山羊座の嫁 #nft/jt/c[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキング ブログランキング
くつろぐ
 
相続
遺言
成年後見
パスポート
定款
許認可
調査
津市
SEO対策