三重県津市で行政書士をしております。行政書士のことや阪神タイガースのことなど『まったり』書いています。よろしくです^^三重県津市美里町
銀河英雄伝説(14)
2007年02月20日 (火) | 編集 |
久しぶりにこの間の続きを見ようかと・・

第63話「聖地」
第64話「休暇は終わりぬ」
第65話「すべての旗に背いて」
第66話「黄金獅子旗の下に」

今日は、この4話ぐらいかな。。

第63話は、「地球教」の実態を探るべく地球に到着したユリアン達一行の話がメインです。ポフランが昔、麻薬で苦労したっていう話があったりします。後半は、帝国軍のワーレン上級大将が率いる部隊が地球教を攻撃します。ユリアン達は、この時身分を偽って帝国軍に協力しつつ、地球教の秘密データを入手します。

第64話では、同盟で起こった出来事(ヤンたちが同盟首都ハイネセンを脱出した)により、一時の平穏が終わりをつげようとします。

第65話は、メルカッツ提督と合流したヤンが今後の処置をどうするか悩みます。同盟への復帰はできないものかと。

第66話で、皇帝ラインハルトは同盟への再侵攻を決定します。バーラトの和約の破棄です。


この辺りになると、同盟政府から抜けたヤンがどのように考え・行動するのかが注目されるところになります。(シェーンコップなんかは悩んでいるヤンを見て楽しんでいますが^^;)

せっかく、『あこがれの年金生活』に入ったのに不本意だったでしょう、ヤンは。
ちなみに「銀英伝」の自由惑星同盟では、軍隊に10年以上勤務したら年金が受給できたと思います、確か。(ある一定以上の階級が必要だったかもしれませんが)

ヤン・ウェンリーは、「軍隊ぎらい」です。
彼は元々、歴史研究を志望していました。

少年期に宇宙商人だった父親が無くなった為、無一文同然になりました。
それでも、歴史の勉強がしたかったヤン少年は、『タダ』で歴史の勉強ができる軍の士官学校戦史研究科へ入ります。これにより彼は仕方なく軍人になります。

ちなみに士官学校当時の成績は、「中の下」。ただし、戦略・戦術シュミレーションはとても優秀で、当時学年首席だった秀才のワイドボーンに勝ったことは学内では有名な出来事でした。

ただ、戦史研究科が廃止されることになり、ヤンは教官に異議を言うのですが、士官学校を途中で止めると学費を払わなければならないために我慢して転科を受け入れます。

この時、転科したのが「戦略研究科」。
士官学校ではエリートが進む科ですが、戦史研究科からの転科はこの時点では異例でした。戦術シュミレーションでの勝利が認められてのことだと思います。

士官学校を卒業して、少尉として統合作戦本部記録統計室へ配属されます。
その後、惑星エル・ファシルで民間人300万人を助けて「若き英雄」となったりしますが・・。

ヤンのこのあたりのストーリーは、本伝ではなく外伝で見ることができます。(外伝では、本伝で声優をされた方が亡くなった為に違う方が声優をされているのでその点がちょっと残念なのですが。)

あまりこの話を続けると、かなりの文章を書かなければならなくなるのでこの辺りで止めておきますね^^;


行政書士鈴木法務事務所』は、法人設立相続・遺言各種許認可パスポート申請などに関するサポートを行っています。
公式ホームページは → こちら へ


いつもご訪問ありがとうございます^^
あなたの清き1票(其の壱) → 人気blogランキング へ
あなたの清き1票(其の弐) → ブログランキング へ
あなたの清き1票(其の参) → くつろぐ へ
■各1票ずつクリック頂けると励みになります^^

この記事に関するコメントお待ちしております^^
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキング ブログランキング
くつろぐ
 
相続
遺言
成年後見
パスポート
定款
許認可
調査
津市
SEO対策